製品を閲覧する

If so you can download any of the below versions for testing. The product will function as normal except for an evaluation limitation. At the time of purchase we provide a license file via email that will allow the product to work in its full capacity. If you would also like an evaluation license to test without any restrictions for 30 days, please follow the directions provided here.

ゲームウェアおよび CAD 用の Aspose.3D Python ライブラリをダウンロード

以下をご利用ください ピップ指図:

>

Product Page | Docs | Demos | Blog | Code Samples | Free Support | Temporary License | {{ハイパーリンク8}}

3D シーン機能

  • 3D シーンを作成、読み取り、保存、インポート、またはエクスポートします。
  • 3D シーンのメタデータを定義して、アセット情報を追加します。
  • サポートされている (3DSSTLOBJ、および U3D) 3D フォーマットで座標系を反転する機能。
  • 3D メッシュをカスタム バイナリ形式に変換します。
  • 3D シーンを「AMF」(圧縮) ファイル形式にエクスポートします。
  • 3D シーンの向きを変更できます。

3D ジオメトリ機能

  • 3D キューブ メッシュの作成
  • 法線ベクトルと UV 座標を作成する
  • 3D オブジェクトにマテリアルを追加する
  • 効率的でリアルなレンダリングのために、物理ベースのレンダリング (PBR) マテリアルを適用します
  • オイラー角、四元数、およびカスタム変換行列を使用して、3D 空間でオブジェクトを回転します。
  • 連鎖操作によって変換マトリックスを作成します。
  • ノード階層を使用して 3D シーンの論理構造を定義します。
  • ジオメトリ、カメラ、およびライトをノードに接続します。
  • 複数のノード間でメッシュ ジオメトリ データを共有します。
  • 四元数に結合して 3D 空間での向きを表す機能。
  • 特定の 3D ノードのジオメトリをスケーリングするか、3D シーンのすべてのノードのジオメトリをスケーリングします。

3D アニメーション機能

  • アニメーション シーンをレンダリングする機能。
  • ライト カメラを常に指定したノードに向けるサポート。 (サポートされている一部のファイル形式のみ。)
  • オブジェクト アニメーション (キー フレーム アニメーション) を実行します。

3D オブジェクトの機能

  • すべてのメッシュの 3D モデルで従法線および接線データを構築します。
  • 単一の 3D オブジェクト メッシュを「PLY」ファイルに変換します。
  • メッシュを三角形メッシュに変換し、その頂点にアクセスします。
  • 以下をメッシュに変換します。
    • 3D Sphere to Mesh
    • 3D ボックスからメッシュへ
    • 3D 平面からメッシュへ
    • 3D シリンダーからメッシュへ
    • 3D トーラスからメッシュへ
  • パラメータ化された長方形のトーラスを 3D シーンに作成します。
  • 3D シーンのカスタム プロパティを作成、編集、操作します。
  • メッシュを分割およびマージする機能。
  • X-Path クエリ構文を使用して、現在のノードの下にある特定のオブジェクトまたは複数のオブジェクトを選択します。

レンダリング

  • カメラとライトの位置を設定します。
  • どのオブジェクトが影を受け取り、どのオブジェクトが影を落とすかを設定します。
  • 魚眼レンズ効果の作成をサポートします。
  • GPU をプログラムし、3D レンダリング用にグラフィックス ハードウェアを構成する機能。
  • 3D シーンでカメラをナビゲートし、目的の位置に配置します。
  • 3D シーンのパノラマ ビューをレンダリングし、サポートされている変換形式のいずれかにエクスポートします。

3D ファイル形式の読み取りと書き込み

Autodesk® 3D Studio: 3DS
CAD: AMF、OBJ
AVEVA PDMS: RVM
コラダ: DAE
Google Draco: DRC
モーションビルダー: FBX
3D モデル: GLB
Acrobat®: PDF
3D スキャン: PLY
3D プリント: STL
3D PDF: U3D

3D ファイル形式の読み込み

Microsoft® 3D ビルダー: 3MF
Autodesk®: ASE
AutoCAD®: DXF
Maya®: MA
Siemens® PLM: JT
Pixar®: USD、USDZ
仮想現実: VRML
DirectX 3D: X

3D ファイルを名前を付けて保存

マークアップ: HTML

詳細については、Supported File Formats にアクセスしてください。

### システム要求

マシンにモデリングおよびレンダリング ソフトウェアをインストールする必要はありません。

サポートされているオペレーティング システム

Microsoft Windows®: Windows デスクトップ & サーバー (x64x86)
Linux: Ubuntu、OpenSUSE、CentOS など
その他: Mono (.NET 4.0 Framework サポート) をインストールできる、または .NET コアを使用できる任意のオペレーティング システム (OS)。

対象の Linux プラットフォーム

ランタイム ライブラリ: GCC-6 (またはそれ以降)
GDI+ API: libgdiplus
.NET Core: .NET Core ランタイムの依存関係。 .NET Core ランタイム自体をインストールする必要はありません。
Python 3.5-3.7 の場合: Python の pymalloc ビルドが必要です。 --with-pymalloc Python ビルド オプションはデフォルトで有効になっています。通常、Python の pymalloc ビルドは、ファイル名に m サフィックスが付いています。
Python ライブラリ: libpython 共有 Python ライブラリ

レンダリング

  • Vulkan x64 プラットフォーム、x86 はサポートされていません。
  • AMD Radeon 7700 シリーズ以降
  • NVIDIA GeForce 600 シリーズ以降
  • Intel Skylake以降


直接ダウンロード


 日本