<dependency>
    <groupId>com.aspose</groupId>
    <artifactId>aspose-tex</artifactId>
    <version>22.6</version>
</dependency>
copied!  
                                                
                                                  compile(group: 'com.aspose', name: 'aspose-tex', version: '22.6')
                                                
                                              
copied!  
<dependency org="com.aspose" name="aspose-tex" rev="22.6">
    <artifact name="aspose-tex" ext="jar"/>
</dependency>
copied!  
libraryDependencies += "com.aspose" % "aspose-tex" % "22.6"
copied!  

Java APIからTexファイルをタイプセットします

banner

製品ページ | ドキュメント | デモ | APIリファレンス | | ブログ | 無料サポート | 一時ライセンス

Aspose.TeX for Javaは、ObjectTexと呼ばれるTexエンジン拡張機能を提供するライブラリです。 Tex Filesで説明されているドキュメントをタイプセットするために使用できます。 「オブジェクト」とは、中間タイプの結果が特定のオブジェクトモデルであり、その後、多くのエンド形式に均一に変換できることを意味します。

タイプセットファイル処理機能

  • Typesetting of TeX files
  • Create custom TeX formats
  • Provide input data in various ways
  • Fetch output data in various ways

サポートされている入力形式

テックス

tex asを保存します

XPS、PDF、JPEG、PNG、TIFF、BMP

は、組織化用のサポートされている埋め込みフォント

cmbsy10, cmbx10, cmbx5, cmbx6, cmbx7, cmbx8, cmbx9, cmcsc10, cmdunh10, cmex10, cmmi10, cmmi5, cmmi6, cmm7, cmmi8, cmmi9, cmmib10, cmr10, cmr5, cmr6, cmr7, cmr8, cmr9, cmsl10, cmsl8, CMSL9、CMSLTT10、CMSS10、CMSSBX10、CMSSI10、CMSSQ8、CMSSQI8、CMSY10、CMSY5、CMSY6、CMSY7、CMSY8、CMSY9、CMTI10、CMTI7、CMTI8、CMTI9、CMTT10、CMTT10、CMTT1

サポートされているプラ​​ットフォーム

JavaにAspose.Texを使用して、Windows(32ビットまたは64ビット)LinuxおよびMacOS用のあらゆるタイプのJavaアプリケーションを構築できます。 JavaのAspose.Texは、J2SE 8.0(1.8)以上(たとえばJava 10)をサポートしています。

Javaを使用して、カスタムTex形式を作成します

// Create typesetting options for no format on ObjectTeX engine extension.
TeXOptions options = TeXOptions.consoleAppOptions(TeXConfig.objectIniTeX());
// Specify a file system working directory for input.
options.setInputWorkingDirectory(new InputFileSystemDirectory(Utils.getInputDirectory()));
// Specify a file system working directory for output.
options.setOutputWorkingDirectory(new OutputFileSystemDirectory(Utils.getOutputDirectory()));

// Run format creation.
TeX.createFormat("customtex", options);

// For further output to look write.
options.getTerminalOut().getWriter().newLine();

製品ページ | ドキュメント | デモ | APIリファレンス | | ブログ | 無料サポート | 一時ライセンス

VersionRelease Date
22.112022年11月16日
22.102022年10月13日
22.82022年8月25日
22.62022年6月16日
22.42022年4月5日
22.32022年3月25日
22.22022年2月8日
21.112021年11月11日
21.92021年9月20日
21.82021年8月26日
21.42021年4月8日